フラットルーフ


 ソーラーパネルや換気扇、BSアンテナ等を搭載する事を前提にルーフ形状を設計する事で、高速走行時の空気抵抗や風切り音、また設備の損傷を抑えます。 2重構造となる事でルーフに当たる夏の直射日光の大部分はソーラーパネルで受け止め、室温上昇も抑える事が可能です。